オフサイド-0.5,1.5,2.5,平均データ

最終更新日 :

オフサイドスタッツ-最もオフサイドの多いチーム

マッチオフサイド = 両チームのオフサイド数合計。ブックメーカーもよく使うマーケットです。
平均オフサイド数 = そのチームのみでのオフサイド数。

チームマッチオフサイド平均オフサイド数次の試合
1ウォルフスバーガーAC II9.67 / match5.33 / match3月7日
2横浜マリノス8.10 / match2.45 / match11月23日
3ラス・ロサスCF8.00 / match4.27 / match11月17日
4SCヴァイツ7.78 / match3.89 / match3月7日
5SDアモレビエタ7.27 / match2.82 / match11月17日
6CDグアビラ7.26 / match2.91 / match12月9日
7アンシーFC7.22 / match3.44 / match11月17日
8SCヴァイヒ・フレンスブルク087.22 / match4.89 / match明日
9VFLヴォルフスブルクⅡ7.20 / match2.40 / match明日

オーバー2.5の試合オフサイド

オーバー2.5オフサイド=試合終了時に2.5以上のオフサイドがある試合の割合。
これは最も多くのブックメーカーが参入しているマーケットです。

平均オフサイド数が多い今後の試合

これは、各チームの平均オフサイド数を計算してランク付けされた、今後48時間に開催される試合のリストです。この表では、予定対戦数中25%以上の対戦をしたリーグのみを表示します。

オフサイドスタッツの見方

複数の側面を分析する必要があるため、オフサイドは興味深いマーケットです。

  • リーグスタイル:プレースタイルが激しくファールが多い傾向にあるため、特定のリーグではオフサイドコールの数が多くなります。この現象は試合全体が無秩序になる可能性がある、下部リーグでよく見られます。
  • 攻撃的な戦術:チームの攻撃的なプレースタイルは、オフサイドの数に影響を与える可能性があります。ロングボール、スルーボール、そしてディフェンスラインを破ったチームは、センタリングやスローアタックを行うチームと比較して、オフサイドコールを受けやすくなります。
  • フォワードプレイスタイル:オフサイドに特徴があることで、名プレイヤーが誕生することもあります。元イタリア代表であるフィリッポ・インザーギは、常にディフェンスラインを突破しようとしていたことで有名です。チームの中に彼のようなストライカーがいれば、確実にチームオフサイド数を増加させるでしょう。そのためオフサイドの多い選手がけがをしたり休んだりするときは注意しなくてはなりません。代理の選手のプレースタイルではさほどのオフサイド数が発生しないかもしれないからです。
  • ディフェンスの戦術: チームのディフェンス戦術は、多くの場合マッチオフサイドの数に影響します。たとえばオフサイドトラップをよく用いるチームは、そうでないチームよりもマッチオフサイドが多い可能性があります。
  • プレーの強さ:エンドツーエンドアクションをより多く行うチームは、オフェンスの機会をじっくり見計らうチームと比較して、オフサイド数がより多くなります。

オフサイドが最も多いリーグ

ここでは、試合中にオフサイドコールが最も多かったリーグを見ることができます。試合ごとのオフサイドの平均とオーバー1.5%、2.5%、3.5%を見ることができます。

プレミアム会員になろう!
全400リーグのデータ、順位表、
オッズを今すぐ閲覧

プレミアム会員になると、私たちが研究した各条件ごとに強みや傾向があるリーグの調査結果や、コーナーやカードなどの統計情報をCSV形式で取得し利用することができます。今すぐFootyStatsプレミアムに登録しましょう!

/jp/
https://cdn.footystats.org/
- 開始まで###分'
- 開始まで###時間'
- 試合中
もうすぐ
試合中
no

データを取得中・・